2010年05月05日

NSR250R よくある例

今年のGWはいい天気でしたね。
皆さんはどう過ごされてましたか?

こちらはエブリデイNSRやってます。
気まぐれな掲載になると思いますが、NSRメンテナンスでよくある例を掲載していきます。

カテゴリー「NSR250Rのメンテナンス」でまとめ読みもできる様にしました。

>>> ミッションオイル交換

オイルが糸のようにチョロチョロ・・・としか出てきません。
量はしっかり入ってます。
そこでフィラーキャップを緩めるとドバーっと。

exclamation要注意です。 Q:なぜかは下段で

DSC07337.jpg


A:クランクケース(ミッション部エア抜き用)ブリーザーホースの詰まり
 【ケースのインシュレーター上側付近にあるホース】

診断方法
@フィラーキャップ(ミッションオイル給油口のキャップ)は締めたままにしてください。
Aミッションオイルを抜く
Bサラーっと出ればOK。写真のようだとNG


注:ホース内に詰まりがなく正常な場合でも、フィラーキャップを開けた状態で抜く時よりは少しゆっくり流れ落ちることになります。

NGの場合、ホース内には何らかの詰まりがあります。
DSC07340.jpg

写真は蜂によるもの。

詰まったまま走行すると、エンジンの温度上昇によりミッションケース内の空気圧力が上がります。
逃げ場がなくなった内圧はオイルシールなど(カウンターシャフト等)を押し出してしまいます。



ラベル:NSR 修理
posted by ME at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | NSR250Rのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。