2010年06月16日

NSR250R よくある例

>>> エアクリボックスの取り付け不具合

BOXキャブ側のダクトがしっかり納まってないのをよく見かけます。
▼写真

DSC01845.jpg

DSC00614.jpg

注意exclamation×2 2次エアを吸い込み焼き付きを起こす可能性があります。慎重に作業を進めてください。

ワンポイントひらめき
@ 変形したダクトはドライヤーなどで暖めてあげると、ある程度は復元します。また冬季など外気温が低い時も暖めてから付けると楽に入ります!
A 取り付け時はエアクリーナーエレメントを外して、内側から目視確認してからバンドを締め付けてください。


「エアクリ付ければ最後」と作業工程の中でも気が緩みがちな作業です。シートのボルトを締めるまではしっかり確認して進めましょう!



ラベル:NSR 修理
posted by ME at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | NSR250Rのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。