2010年08月03日

NSR250R よくある例

>>> エンジンオイルタンクのストレーナー

オイルタンクのホースに亀裂が入ってるものはよく見かけます。
早めに交換しましょう。
DSC09170.jpg

それよりも今回の話題はこちらです。
オイルタンクのストレーナーの詰まり。

DSC06535.jpg

原因:(想像)古いオイルの成分が分離してジェル状になった成分が詰まった。又は複数の種類のオイルが混ざった時に変質してこうなった。
添加剤などを混合する場合も注意しましょう。

注意exclamation×2 何度もオイルの種類を変更した場合や中古車購入時は要注意。特に中古車購入時は何のオイルが入ってるか確認しましょう。

ワンポイントひらめき
@ オイルの種類は実績のあるのもを使用しましょう。
  当店ではO/H出荷時はHONDA GR2を使用してます。
A 心配な場合は脱着清掃しましょう。


ストレーナーが詰まるとオイルポンプへのオイル供給不足となり焼き付きの原因となります。
原因不明で焼き付いた場合は必ず確認しましょう。

最後に:この事例は「よく」あるわけではありませんが、過去に2台。またその他ゴミが半分くらい覆ってるものなどは何台かありました。
2ストには重要な部分なので掲載しました。


ラベル:NSR 修理
posted by ME at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | NSR250Rのメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。